マリオ タイセン V8開発期間はあまりに短かった

画像
BMWモータースポーツディレクター、マリオ タイセンは2006年の開幕2戦で起きた多くのエンジントラブルや、エンジン交換はニューV8エンジンに与えられた開発時間が十分でないことの証明となっていると語っている。BMW自体、2レースで2つのエンジンを失っている。

「これまでチームに出た多くのエンジン交換はニューV8エンジンに許された開発時間が単純にあまりにも短かったという証拠である。」とタイセンは語った。「我々は今、信頼性の面を全力で作業している。基本速度は我々がまさしく関係する箇所であり、メルボルンのウィークエンドではマレーシアで我々が見せた良いレースペースを目指すつもりだ。」

「エンジンに関わる要求である限り、アルバートパークの環境や、予測される天候はやりやすいコンディションになるだろう。」と彼は加えた。「バーレーンやマレーシアでの酷暑の後で、今回エンジンに対して特別、極端な準備を要求する状況に直面することはありそうもないよ。」

http://www.f1racing.net/ja/news.php?newsID=113263
F1 Racing.jp

・・・ジャックのエンジンが壊れない事を願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ra272_kai
2006年03月26日 20:28
P86の件だが…
>・・・ジャックのエンジンが壊れない事を願います。
 ジャックのは2戦目だったね…熱的な原因であれば3戦目がメルボルンなのは救いかも知れないね…ニックのは対策も出来るだろうから,【P86の問題】が熱か振動か?は是でハッキリするだろうね(--;

 丁度画像のヤツを僕も此処だったか他のwebだったか,それとも雑誌かは忘れたが開幕前に観て嫌な予感はしたんだ…歴代BMWエンジンのトラブルは先ず【熱的に苦しい】だったし,加えてF1.06シャーシでも【排気管周辺のエンジンカウルが茶色く変色してる】のを確認してるからね→ウインターTestでこうなるのは尋常じゃないからね(--;

 多分【振動に関しては対策済み】だと思うな…以前そうコメントを読んだ記憶があるからね。

 あぁ後藤氏が居て欲しかったなぁ。
2006年03月27日 02:39
>あぁ後藤氏が居て欲しかったなぁ。
昨年までのペトロナスエンジンとは、比較できませんけど、やはり後藤さんのようなレーシングエンジンの経験が豊富な人の力は大きいですよね。今年の場合はBMWワークスということで、居場所がないからお辞めになったわけですが、そうなるとますます、BMWにはきっちりエンジンを仕上げて欲しいですね。言い訳は聞きたくありません。

この記事へのトラックバック