2006 F1 Rd.17 日本GP 決勝 結果

F1日本グランプリ決勝結果です。決勝レースはやや風が強かったものの、素晴らしい秋晴れの下、53周のレースが行われました。
画像

M.シューマッハとF.アロンソのチャンピオン争いに注目が集まったこのレースですが、レースをリードしたのは、2位からスタートしたミハエルでした。

ミハエルは、レース序盤にポールポジションから好スタートを決めたF.マッサと早々に順位を入れ替え、終始安定したペースで首位を快走しました。5位からスタートして、徐々に順位を上げていったアロンソは中盤以降、4秒程度後方の2位のポジションからミハエルを追撃していましたが、2台の差が縮まることはありませんでした。

このまま、ミハエルの優勝かと思われた36周目にドラマが待っていました。2度目のピットインを終えたミハエルのマシンが白煙を吹き上げてストップしてしまいました。そのミハエルを尻目にアロンソはトップに立つと危なげないレース運びで、そのままチェッカーフラッグを受けました。

ひとまず区切りとなる鈴鹿における自身初の優勝を飾り、さらにチャンピオンシップにおいて逆王手をかけることとなり、俄然有利な状況となりました。

その他、日本勢では佐藤琢磨の頑張りが印象に残りました。鈴鹿に対する琢磨の強い思いが伝わってきた、そんな力強いレースでした。

今季の残りのレースもいよいよ残すところ、あと1レースのみとなりました。2人のチャンピオンが雌雄を決すブラジルGPは2週間後です。

画像

~秋晴れの鈴鹿より~

◇   ◇   ◇   ◇   ◇


日本GP 決勝 結果 2006/10/8
気温24℃ 路面温度29℃ 湿度36% 路面ドライ 風速3.2m

P No. Driver Nat. Car Tyre Lap GoalTime/Delay km/h /Retired Pit Best Lap-T

1 1 F.アロンソ (ESP) Renault M 53 1:23:53.413 219.982 2 1'32.676
2 6 F.マッサ (BRA) Ferrari B 53 2 1'33.296
3 2 G.フィジケーラ (ITA) Renault M 53 2 1'33.564
4 12 J.バトン (GBR) Honda M 53 2 1'33.451
5 3 K.ライコネン (FIN) McLaren Mercedes M 53 2 1'33.344
6 8 J.トゥルーリ (ITA) Toyota B 53 2 1'33.866
7 7 R.シューマッハ (GER) Toyota B 53 2 1'33.607
8 16 N.ハイドフェルド (GER) Sauber BMW M 53 2 1'34.525
9 17 R.クビサ (POL) Sauber BMW M 53 2 1'33.509
10 10 N.ロズベルグ (GER) Williams Cosworth B 52 2 1'34.802
11 4 P.デ・ラ・ロサ (ESP) McLaren Mercedes M 52 2 1'34.120
12 11 R.バリチェッロ (BRA) Honda M 52 3 1'34.071
13 15 R.ドーンボス (NED) Red Bull Ferrari M 52 2 1'35.099
14 20 V.リウッツィ (ITA) Toro Rosso Cosworth M 52 2 1'34.131
15 22 佐藤 琢磨 (JPN) Super Aguri Honda B 51 2 1'35.082
16 18 T.モンテイロ (POR) Spyker Toyota B 51 2 1'35.260
17 23 山本 左近 (JPN) Super Aguri Honda B 50 3 1'35.594
18 21 S.スピード (USA) Toro Rosso Cosworth M 47 3 1'34.560
9 M.ウェバー (AUS) Williams Cosworth B 39 2 1'35.092
5 M.シューマッハ (GER) Ferrari B 36 2 1'32.792
14 D.クルサード (GBR) Red Bull Ferrari M 33 3 1'35.052
19 C.アルバース (NED) Spyker Toyota B 19 1 1'36.036

リザルトは、Nifty F1より

◇   ◇   ◇   ◇   ◇


今日、決勝日は現地で観戦していましたが、とにかく例年にない観衆の多さで、そして何より雰囲気も最高でした。ジャックの居ない鈴鹿ではあったけど、ひとまず区切りとなる鈴鹿でのF1を観る事が出来て良かったと思いました。

※せっかく現地で観戦していたので、その場からUPしたかったのですが、通信がうまく繋がらず、レース終了後に記事をUPできなかったので、サーキットを出てからあらためてUPしました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ra272_kai
2006年10月09日 08:34
鈴鹿での日本GPが無くなるのは残念と言う他ないね!
 FISCOは向かいに宗一郎さんの墓が在るとは言え,F1向きのトラックにはどうしても見えない→僕は【富士はハコ車のトラック】だと思うよ=鈴鹿以上に天候の影響大(霧とか)だからね!

 一方で天候に恵まれたラストGPだった事,スーパーアグリの躍進やHonda&トヨタの頑張りも来季を期待させるね。

 でもそれ以上に良かったのはアロンソが勝った事とルノーが逆転した事だね…FIAまでもが絡んでの【不当なショウ】はGPには要らないよ→折角マイケルが引退し来季【正常な競技の場】に戻ろうとしてるんだからね(^^)

※鈴鹿の女神は何時も【困難に立ち向かう者に微笑む】のさ…2輪でもF1でもね(^^)b
2006年10月10日 00:33
ra272_kaiさん
鈴鹿と富士に関してはおっしゃるとおりだと思います。ひとまず区切りとなった鈴鹿での日本GPは転向にも恵まれ、雰囲気も良く、素晴らしいグランプリだったと思います。

個人的には、ミハエルのエンジンブローを見て、これがF1だよな、と思いました。アロンソの走りも素晴らしかったですし、本当に良いレースでした。
ECHO
2006年10月13日 22:06
こんばんは。
RYOさんもちゃんと観戦に出かけられていてホッとしました。ジャックのいないグランプリは辛いものがあるとは思いますが、(私とは立場がちょっと違うけど)やはり今年の鈴鹿はとても大きな節目だったと思います。レースはやっぱりレースで、期待していた通りの展開にはならなかったけど、やっぱりライブは楽しいです。
サウンド、色、スピード感、迫力、テレビでは伝えきれません。ガレージでエンジンがかかっただけで熱くなりましたよ。今年は、何を見ても聞いても涙腺緩みっぱなしでしたけど(笑)
2006年10月14日 23:59
ECHOさん、こんばんは!
決勝レースだけですが、観戦してきました。当初、ジャックのいないGPに出かける意味が見つからなかったのですが、鈴鹿での日本GPも一区切り、自分にとってのF1も一区切りと思い、観戦する事にしました。
おっしゃるように現場の迫力はTVでは伝わりませんよね。エンジンが掛かった瞬間に今年もキター!と思いました。やっぱり観に行って良かったです。

ECHOさんにとっては残念なレース結果でしたね。そして、何といっても今年のレースは感無量ですよね。でも、そのレースを現地で観戦して応援できたというのは幸せだと思います。

この記事へのトラックバック

  • F1日本グランプリ:決勝

    Excerpt: 待ちに待った決勝、思わぬ展開となりました。 スタートは各車順調に切るものの、バリチェロが他車と接触しウィングを代えるため時間を大幅にロスする。 アロンソが好調で、ぐんぐん順位を上げて1回目.. Weblog: Escape Zone racked: 2006-10-08 21:40
  • 2006F1 Rd.17 日本GP 決勝結果(ミハエルまさかのエンジンブロー)

    Excerpt: 2006年F1世界選手権第17戦日本GP決勝は三重県鈴鹿サーキットにおいて、気温は24℃、路面温度29℃、湿度36%、晴れ、ドライコンディションの下いよいよスタートの時を迎えた。 レース.. Weblog: にこらすの徒然なるままに・・・part2 racked: 2006-10-08 22:35
  • 一寸先は闇(2006F1第17戦日本GP&第16戦中国GP)

    Excerpt: イタリアGPから3週間.F1サーカスは極東ラウンド2連戦へ.まとめてレヴューするが,いやぁ,激しい連戦だった…. まずは10月1日決勝の第16戦中国GPから. 雨の予選,ブリヂストン失速 予.. Weblog: BLACKLAND's BLOG racked: 2006-10-09 03:24
  • F1日本GP最後の鈴鹿に女神は波乱の花を添える

    Excerpt: 皇帝シューマッハ引退を表明し王者の争いアロンソと並び シューマッハ有利な展開で最後の鈴鹿での日本GP迎えた 予選はマッサがPPを獲得し2番手をシューマッハになり フェラーリ勢が独占してラルフ.. Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2006-10-09 13:55
  • 「最後の鈴鹿」とは呼ばせない!

    Excerpt: 1987年から開催されてきた、鈴鹿でのF1日本GP。89年アイルトン・セナとアラン・プロストがシケインで接触し、1番でチェッカーを受けたセナはシケイン不通過で失格。プロストが王座を獲得。アレッサンドロ.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2006-10-09 15:26
  • F1日本グランプリ決勝

    Excerpt: F1日本グランプリ決勝をテレビで見ました。 チャンピォン争いをしてるフェラーリ Weblog: KOHの青赤な日々 racked: 2006-10-09 19:54
  • 鈴鹿から帰ってきました

    Excerpt: 先ほど鈴鹿から帰ってきました。 いろんな方がおっしゃっているように鈴鹿のパワーはすごいですね。来年は開催されないのが残念です。 それにしてもすごい人出で酔ってしまいました。 Weblog: Racing Retro racked: 2006-10-09 21:17
  • 健闘ライコネン5位F1日本GP決勝<銀河帝国マクラーレンの野望>

    Excerpt: エビちゃんのライコネンへの応援は嬉しい! それにしてもフジテレビの中継、コメンタリー陣17人は多すぎ。 ライコネンは、最初は9位。ミハエル・シューマッハを先に行かせ1ー2体制を作るフェラーリが有利.. Weblog: V35スカイラインクーペが欲しい! racked: 2006-10-10 23:17
  • F1 Rd.17日本GP  鈴鹿は、最後まで鈴鹿・・・

    Excerpt: 10月8日(日) @鈴鹿サーキット  (観客161,000 コレも記録更新!) はぁぁぁぁぁぁぁぁぁー。 レース結果は、もう修正できないんだよねぇぇぇ。 レース終わった後はしばらく脱力、.. Weblog: 流されてドコまで行くの racked: 2006-10-13 22:00
  • F1 日本GP 所感

    Excerpt: 今年で(取り敢えず?)最後となる鈴鹿での日本GP。‘み’は久々の現地観戦をして来ました~ で、やっと録画してあった地上波を鑑賞しましたので、現地での感想を交えながら、(今更ながら)所感を少々。 ミハ.. Weblog: VAIOちゃんのよもやまブログ racked: 2006-10-13 22:15