ビルヌーブ、予選は重要ではない

ジャック・ビルヌーブは、今年のルマン24時間の予選については関心がないと語っています。

画像

世界チャンピオンは、フランスのレースにデビューするために準備していますが、プジョー・チームがアタックラップに入るとき、彼はマシンに乗っていません。

「率直に言って、私は本当に予選を気にしていません」と、ビルヌーブは、"autosport.com"に話しました。

「それは長いレースです。せいぜい、レースの最初のラップでトラフィックが無い、あるいはフロントガラスをこわすことが無いという程度の重要性です」

チームがテストのために他の時間を使う間、ビルヌーブはニコラス・ミナシアンが予選セッションのほとんどを走行することになる、と付け加えました。

「自らのエゴやその類のものにとっては重要かもしれないが、いずれにしろ、私はニコラスが予選を行うことになると考えています。彼には、ここでの経験があります」

「今回は、夜間走行がメインのテストになります。そして、タイヤがどのように変化をするのか確認します。私たちは、夜間に多くのスティントを走行することが、どのようなものかを理解する必要があります」

水曜日の夕方の予選セッションは、ビルヌーブにとって夜間のルマン・サーキットを経験する初めての機会です。

autosport.com - Le Mans News: Villeneuve: qualifying not important

このインタビューは、予選1回目が行われる前のものだと思いますが、ジャックにとっては、このルマンの予選も、決勝レースへの準備期間に過ぎないようです。ジャックらしい合理的な考え方だと思います。この長いレースにおいて、ポールを獲る事自体には何の意味もありません。この後に控えている2回目の予選の時間もレースの為の準備期間としてフルに使ってもらいたいと思います。目標は、レースで勝つことなのですから。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ra272_kai
2007年06月15日 07:56
RYOさんこまめなUP有難う
>率直に言って、私は本当に予選を気にしていません
>それは長いレースです。せいぜい、レースの最初のラップでトラフィックが無い、あるいはフロントガラスをこわすことが無いという程度の重要性です
 ジャックは本当に耐久レースを分かってるね!
僕は8時間しか経験はないけど,チョッとしたアクシデントやミスで,すぐに10番ぐらい順位が下がってしまうんだ…それが24時間ともなれば分かるよね(^^;

※いつも通り【秘めた想いは熱く】実際には【勝負所まで待ちそこではジャックらしくしかける】展開になるんじゃないかな?…完走すれば結果は良いと思うよ(表彰台や優勝は彼1人の力では無理だからね=)フランスのTeamで良かったと思うよ(^^)b
2007年06月16日 17:59
ra272_kaiさん
耐久レースの経験者なんですね。それにしても8時間でも十分大変ですが、丸一日ですからね。
本当にプジョーからのチャレンジで良かったと思います。チームともうまくやっているようですし、良い結果が出るといいですね。
ra272_kai
2007年06月17日 09:10
RYOさん
>本当にプジョーからのチャレンジで良かったと思います。チームともうまくやっているようですし、良い結果が出るといいですね。
 僕はレースの結果は【事前の準備】と【挑む側の心構えと努力の結果】だと思ってる…F1に比べ耐久は,殊にその二つの影響力は大きい。

※だから常連で強いTeamの底力は恐い。
でも挑む側の強さは【それを乗り越えようとする意志】だよ…そこに運が味方しドラマや記録が生まれるんだと思うよ(^^)

>耐久レースの経験者なんですね。
 僕も初の耐久は雨のレースだったよ…でも自分のスキルを活かせる勝負所はあるからね!

※ジャックの真の凄さを発揮できると良いね(^^)b
2007年06月17日 11:23
ra272_kaiさん
おっしゃるとおりですね。本気の2チームが全力でぶつかっているわけですから。
最後まで全力で戦って、ジャックとチームに良い結果が出る事を期待しています。

この記事へのトラックバック