スピードカーシリーズ、2年目のシーズンに向けてドバイでのテスト開始 - ポール・トレーシーの姿も

12月にドバイで開催されるスピードカーシリーズ2年目の開幕戦に向けて、ドバイでスピードカーのテストが行われています。

画像

今回のテストには、初年度に参戦したアレジ、フレンツェン、ハーバート、モルビデッリといった往年のF1ドライバーに加え、カナダ出身の元チャンプカー・ドライバーでCART時代のビルヌーブのライバルだったポール・トレーシーが参加しています。

以前、アレジがジャックのスピードカーシリーズ参戦をほのめかしていましたが、ジャックのテストへの参加予定は今のところ無さそうです。いずれにしても、往年の名ドライバーが活躍するシリーズが盛り上がるのは喜ばしいことで、来年こそ、日本で開催してもらいたいものです。

画像

Driver Day 1 Day 2

Jean Alesi 1:42.501 1:41.611
HH Frentzen 1:43.408 1:42.100
Johnny Herbert 1:43.140 1:42.453
Gianni Morbidelli 1:43.688 1:42.793
Chris Buncombe 1:46.573 1:42.831
Paul Tracy 1:43.978 1:43.355
Christian Jones 1:43.734 1:43.687
Bertrand Baguette 1:44.193 1:44.001
James Grunwell 1:48.308 1:44.167
Vitantonio Liuzi 1:45.011 1:44.906
山本 左近 1:47.761 1:45.784
Laurent Steiger 1:55.328 1:49.021
Fabrizio Gollin 1:42.683
Uwe Alzen 1:42.821
Hasher Al Maktoum 1:43.473
Marcel Tiemann 1:45.078
Alex Yoong 1:45.144
Alessandro Nannini 1:46.084
Khalid Al Zarouni 1:47.107
Karim Al Azhari 1:48.988
Eric Charles 1:49.512

Unofficial Timings

FMotorsports Kaigai



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ra272_kai
2008年11月17日 23:34
ジャックの意向としてはNASCAR参戦かも知れないけど,安定した環境で参戦出来ないなら,暫くスピードカーで戦って ル・マンにも挑戦が理想的かな(^^;

マシン的にもメンツの意味でも,パック走行やバンクの練習以外の練習になるんじゃないかな?(^^ゞ
2008年11月22日 23:34
ra272_kaiさん
スピードカーもいいんですけど、2戦くらいの参戦でしょうし、もちろん、ル・マンに出て制覇することを望んでいますが。。。でも、やっぱり、もっともっとレースに出て欲しいですね。
ra272_kai
2008年11月24日 00:39
RYOさん
勿論僕も,フルタイム参戦するジャックが観たいよ(^O^)

でもル・マンも征して欲しいし,NASCARの有力チームで安定して参戦するには スポンサーを得る実績も要ると思うんだよね…スピードがあるだけに惜しいなぁ(^_^;
2008年11月24日 16:33
ra272_kaiさん
NASCARは正直、厳しいように感じます。未曾有の不景気が欧米を襲っていますし。でも、NASCARに参戦して活躍して欲しいんですけどね。
とにかく、ジャックが本腰を入れてその走りを見せてくれるカテゴリが現れることを願っています。
ra272_kai
2008年11月25日 03:02
RYOさん
そうだね!確かに社会的な経済不況の影響は大きいね…特にレース界みたいな スポンサーの影響力の大きい世界では(-.-;

でもだからこそ,ジャックの様に息苦しい状況を,持ち前の一途さと前向きな考えで打ち破るヒーローの活躍に 僕は惚れてしまうんだよ…そう言う点が彼はナイジやジャンに似てるんだ(^O^)/
2008年11月26日 00:49
ra272_kaiさん
ジャックにはいい意味で予想を裏切ってくれる何かがあるように思います。おっしゃるように一途に取り組む姿勢には共感しますし、ポジティブな考え方も素晴らしい。そして、レーサーとして、そのキャリアを振り返ってみた時に他の人には誰にも真似出来ない道を歩んできましたよね。これからも、そのキャリアを大きく伸ばしていってもらいたいと思います。

この記事へのトラックバック