ビルヌーブ、ホンダの決定は『政治的』な要因によるもの

元F1世界チャンピオン、ジャック・ビルヌーブは、ホンダのフォーミュラ1からの撤退は主にコストカットの姿勢を示す必要に迫られてのことだと考えています。

ホンダのように大部分の自動車メーカーは売上高の急落に苦しんでおり、ビルヌーブは、今回の決定は現在の経済的な背景を踏まえ、理解できると思っています。

「ホンダにとってF1が経費の中で最も大きな比重を占めているわけではないと思うけど、現在の世界的な経済情勢を踏まえれば、コストカットの姿勢を示さなければならない」と、1999-2003年までBARでドライバーを務め、ホンダを走らせたビルヌーブが'autosport.com'に語りました。

「政治的な決断という色合いは強いと思う」

ビルヌーブは、最近のチームの競争力の欠如についても触れました。 - ホンダは過去2年に渡って18ポイントを獲得したものの、コンストラクターズ・チャンピオンシップにおいて8位以下であり、このことが決断の一因となりました。

「チームがF1から去ることなど思いもしないから驚きだ。でも、ここ数年、成績不振に苦しんでいたことを考えると、外から見た場合には理に適っている」

元F1ドライバー仲間、ハインツ-ハラルド・フレンツェンは、ホンダがチーム・プリンシパル、ロス・ブラウンの下で続けていれば、トップランナーに返り咲くことができたと考えています。

「過去に勝利を挙げており、長期に渡り参戦しているメーカーが撤退することは悲しい」と、フレンツェンが'autosport.com'に述べました。「僕は、彼らがロス・ブラウンを擁して反撃体制を整えてくるものと思っていたから、本当に思いがけないことだった」

【参照記事】

autosport.com - F1 News: Villeneuve says Honda decision 'political'


ホンダの第3期のF1活動が終焉を迎えました。ジャック・ビルヌーブのファンとしては、こもごもの思いがあります。さびしい話ではありますが、撤退やむなしという印象です。正直言って、ニック・フライとロス・ブラウンが先頭に立つホンダは、もはやホンダという感じがしませんでしたから。むしろ、スーパーアグリF1チ-ムにこそ、ファンがイメージするホンダがあったように思います。

ファンがホンダに求めているものはチャレンジング・スピリットであり、それを具現化しているのは「アシモ」であり、飛行機産業への参入だと個人的には思います。いずれにせよ、来年のF1でホンダの姿を見ることはありません。一つの時代が終わりを告げました。



この記事へのコメント

2008年12月06日 09:44
こんにちは。どれ位ぶりでしょうか(爆)
HONDAの撤退は衝撃的で、とっても寂しいです。日本GPでのジャックと琢磨のチェンジ事件(?)以来、HONDAは応援していない私ですが、良くも悪くもF1とSENNAを教えてくれたところですから感慨深いです。
何にしても今季を早々に捨てて、来季にかけてたのにその結果が見られないのが本当に残念です。ロスブラウンおじさんの働きぶりを見せて欲しかったんですけどねぇ。
これから、F1が大きく変わっていきそうな気配ですよね。気が付いたら中東とヨーロッパの富豪のものになってたりして・・・。まぁ、それもありか、と。
2008年12月06日 17:04
ECHOさん、お久しぶりです。
ホンダのF1撤退は大きなニュースですし、F1からの撤退は残念に思います。現場のエンジニアや栃木のスタッフ、ドライバーには本当に残念な状況になってしまいました。

ただ、、不思議と驚きはないんですよね。確かに来季はレギュレーションも変わり、ロス・ブラウンの指揮の下、結果を出していたのかもしれません。でも、現在のホンダF1はその趣を大きく変えてしまったような印象を受け続けていたせいかもしれません。
F1も、これから続くであろう不況の下、大きな転機を迎えるでしょうね。それでも、F1はF1であり続けて欲しいと願っています。
ra272_kai
2008年12月07日 17:11
僕もRYOさん同様に昨今のHondaはホンダらしくないと感じたよ…むしろルノーやBMWの方がチャレンジしてたからね花

2004年にHondaが競争力を発揮したのも ジャックの指摘してた部分を改良した結果である事は その後のルノーやBMWの活躍ぶりとHondaの終落ぶりを見れば明らかだよね

ジャックもスーパーアグリも良い仕事をしたよ食パン
でもHondaは最後まで現実を受け入れられず 結果 問題解決が出来なかった…とても残念で厳しい現実だね花
2008年12月07日 22:04
ra272_kaiさん
ホンダの撤退は残念なニュースではありますが、同時に迅速な経営判断だと感じました。
ホンダは結果から見れば、大きく迷走してしまったように思います。
スーパーアグりもそうですが、ジャック・ビルヌーブというドライバーがホンダエンジンを走らせて奮闘していたこともファンには忘れてもらいたくないですね。
ra272_kai
2008年12月08日 05:27
RYOさん
僕の中で【最もホンダスピリッツを感じさせたドライバー】はジャックなんだよ…勿論セナが居た頃のホンダスピリッツをね

日本人はたぶん佐藤の方を持ち上げると思うけど,ジャックがもぎ取った3位の方が 車もエンジンも悪くチームにも足を引っ張られてたからね…

今年のルーベンスみたいに,正に【ドライバーがもぎ取った3位】だった…奇跡的だったよソフトクリーム
2008年12月14日 22:01
ra272_kaiさん
なるほど。確かにF1参戦第2期のホンダのイメージが残っていた私にとって、ジャックがホンダエンジンで走ることは単純に嬉しいことでした。結果的には残念なことになってしまいましたが・・・もう過去のことですね!
ホンダの撤退は仕方がないことだと、あらためて思います。不況を別にしても。
ra272_kai
2008年12月17日 03:09
そうだね。
僕もジャックがホンダで奮闘し 表彰台をもぎ取ってくれた事を誇り思うよ食パン
もう一人は鈴鹿でのジャンだね…実に【誇り高いF1レーサー】らしい最後だったな

第二期のホンダはF.Williamsをして「彼らがエンジンを壊しても 決して責めてはいけない」と言う程ストックだった
第三期は逆に▼お客さんのまま▲だった…結果F1に【淘汰された】んだね花
2008年12月27日 21:54
ra272_kaiさん
返信遅くなりました。
ホンダのF1第3期の活動に関しては、フル参戦を目指して準備を始めたにもかかわらず、BARへのエンジン供給からスタートした時点ですでにおかしかったのかもしれません。
何度も書いていますが、個人的にはイギリス人が指揮を執るホンダは、もはや日本人の思い描くホンダではなく、そういう意味でも撤退は適切だったように思います。残念ですが。。。

この記事へのトラックバック

  • 休止ではなく撤退

    Excerpt: ぎゃーっっ!! マジですかっ!! 今年ロス・ブラウンを獲得して、さあこれから。 来年のレギュレーションは有利とか、 富士と鈴鹿の交互開催が決まって 待ちに待たれてた鈴鹿F1GP復活が.. Weblog: 流されてドコまで行くの racked: 2008-12-06 09:34