『混沌としたFIAフォーミュラE チャンピオンシップ 第2戦 マレーシア・プトラジャヤ・ラウンド』

マレーシアのサーキットは、ダスティ且つバンピーで滑りやすい状態だった。

しかし、理想的ではない状況にもかかわらず、ビルヌーブのチームメイト、サラザンはフォーミュラEにおける最高位となる2番グリッドを獲得し、盛り沢山なレースの後、4位でフィニッシュしたことで、ヴェンチュリのマシンの競争力を示した。一方、ビルヌーブは再び技術的な問題に苦しめられた。

いくつかの技術的な問題によって、ヴェンチュリは早々にエンジン交換を余儀なくされ、その結果、フリー走行の時間が少なくなり、ビルヌーブのレースに向けた準備は再び水を差されてしまった。

画像


ジャック・ビルヌーブ
「僕たちは良いペースを持っていたので、若干フラストレーションがあった。フリー走行とレースの間、バッテリーの温度に関する問題があった。そして、ピットストップの際、マシンはスタートすることができず、僕はそこで20秒を失って多くのポイントが失われた。でも、マシンがトラックにおいて非常にコンペティティブであることは明らかだ。僕たちは、これまで100%の準備をして戦うことができなかった。きっと次のラウンドでは、完全な週末を過ごすことができる」

Chaotic 2nd round of the FIA Formula E Championship in Putrajaya, Malaysia

画像


フォーミュラEにおけるジャックの2戦目は、ピットイン時のトラブルにより、上位フィニッシュのチャンスが奪われたまま終了しました。しかし、チームメイトのステファン・サラザンが見せた速さによって、ヴェンチュリのマシンの戦闘力の高さは証明されました。次戦以降のジャックの巻き返しに期待したいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

たか
2015年11月11日 01:40
RYOさん
今回もトラブルに見舞われたと言う事で、何故かジャックらしいなとも思ってしまいました。
F1時代も良くジャックだけにトラブルが出ることが多かったように思います。
チームの信頼性向上とともにジャックの競争力が発揮される事と、以後のシーズンに期待したいと思っています。
2015年11月13日 00:50
たかさん
本当にそうですね。
ちょっと違いますが、、BMWザウバー時代に輸送中、ジャックのエンジンが落とされたことを思い出しました。
レギュレーションの変更により、競争が激しくなっている中、本来のチーム力が発揮され、またジャックもカテゴリーに適応することで、ジャックらしい走りを見せて欲しいですね!

この記事へのトラックバック