ジャック・ビルヌーブ:「NASCARに復帰する絶好の機会」

今シーズンのNASCARエックスフィニティ・シリーズに参戦することが明らかになったジャック・ビルヌーブは、今月デイトナのレースでNo.27フォードでの出走を目指していると"Motorsport.com"に語った。

ビルヌーブはウイングナット・レーシングとの契約がパートタイムであると繰り返し次のように述べた。

「僕たちはデイトナでレースに出るつもりだけど、現状は難しい。現在、僕が以前一緒に働いた良いクルーを探しているところだ。問題は、現在彼らがみんな良いチームにいること。エックスフィニティ・レーシングは新しいチームなので、 残念ながら僕にはごくわずかな情報しか伝えることが出来ない」

「僕たちが話し合いを始めた12月の段階では、まだフォーミュラEでレースをしていた。僕はテレビの仕事とフォーミュラE、そしてNASCAR参戦の全てを成立させることができないことをすぐに理解した。それは手にあまる」

「僕にとってのプライオリティはテレビの仕事だ。だから、フォーミュラEでのレースを止め、NASCARのオファーを受け入れることにした。僕にとって今回のことはリスクを冒す価値があると思う。僕の希望は常にNASCARに戻ることだったのだから」

No.27は象徴的な数字である。ジャックの父ジル・ビルヌーブがフォーミュラ1で有名にしたナンバーだ。

ビルヌーブは2008年のデイトナにおいて、ビル・デイビス・レーシングのNo.27トヨタでレースをしたが、レース中にウオールに接触して完走することが出来なかった。彼はまたタラデガとフェニックスでもレースに出場した。

「最初は少し忙しいね。僕たちは全てのことをまとめているところ。しかし、チームにはいくつかのスポンサーがいる。僕はジャンプをしなければならなかった。プロジェクトが上手くいくことを願っている。でも、レースの世界では何でも起こり得る」

「フルシーズンは参戦しない。テレビの仕事は僕にとってのプライオリティだ。でも、これはNASCARへの復帰を果たし、いくつかのレースに出場する絶好の機会だ。それがうまくいけば素晴らしいし、もしそうでなくても後悔はしない」

Villeneuve aims to take No. 27 to Daytona

ジャックのNASCARに対する情熱はまだ失われてはいなかったようです。ちなみにこのNASCARエックスフィニティ・シリーズというのは、以前ジャックが参戦していたネーションワイド・シリーズと同一です。現時点では、今月20日に行われるデイトナのレースに出場することは難しいようですが、ジャックの想いが実現することを切に願っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック