ジャック・ビルヌーブ、ラリークロス復帰戦を満喫!

ビルヌーブは、セミファイナルを前に彼のスバル WRX STI は快適になったと語った。

1997年のF1世界チャンピオンは、週末のトロワ・リビエールで開催されたラリークロス選手権第3戦ARXに追加エントリーされ、スバルのファクトリーカーに乗った。

このイベントで、ビルヌーブはトップレベルのラリークロスのレースに2014年以来となる出場を果たした。

画像


「ラリークロスは、実際にはそれほど変わっていない」と、ビルヌーブは “The Checkered Flag” に語った。「明らかによりプロフェッショナルになっているとは思うけど、同じルール、同じ種類のクルマ、ドライバーなので、4年が過ぎたようには感じない」

スバルは一年を通して改善してきたが、今シーズンはまだ表彰台に上がっていない。インディ500の勝利にCARTのタイトルを含む偉大な実績を残してきたにもかかわらず、ビルヌーブは週末に高い期待をしていなかった。

「想像していなかった。どうなるのか、分からなかった」とビルヌーブは語った。

「正式なコンストラクターチームと仕事をすることは素晴らしいことだと分かっていた。素晴らしいエンジニアがたくさんおり、それは大きい」とビルヌーブは付け加えた。

サスペンションのトラブルに見舞われたものの、4度の予選を通して、ビルヌーブのパフォーマンスは着実に改善した。Q4での6位フィニッシュはターボに問題を抱えていたオリバー・ベネットを抜いたもので、初のトップ8入りを果たした。

「最終的に、クルマは好ましい状態になった。でも、いくつかのコーナーで、ほんのちょっとタイムを失った」

「でも、クルマはドライビングが楽しく、本当に楽しめるようになっている」

画像


Jacques Villeneuve 'enjoying' rallycross return - The Checkered Flag


ジャックは素晴らしい週末を過ごしたようです。まだ、レース映像をほとんど見れていないので、楽しみに観たいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

たか
2018年08月08日 00:07
RYOさん
写真の顔を見ても楽しんでいるのが伝わるようです。
このレベルのコンペティションは久しぶりのはずですが、
セッションごとに向上しているようで期待大ですね。
ファクトリーチームと働く事で、モチベーションも高く
楽しめる要素にもなっているように感じます。
これまでのチャレンジがどこかチームに恵まれない所があったとも感じますので、ジャックのスタンスに合ったチームとなって後のレギュラー参戦などにも繋がって欲しいと切に願います。
いつも記事のアップに感謝を致します。

2018年08月08日 08:54
たかさん
本当にそうですね。ジャックのキャリアに見合ったチームで本物のレーサーとしての魅力をまだまだファンに魅せて欲しいと思います。
今回の参戦が来季以降のフル参戦に繋がってくれると嬉しいですね!