ジャック・ビルヌーブ:「ゾルダーでのサーキット・デビューは、僕にとって重要になるだろう」

元F1世界チャンピオン、ジャック・ビルヌーブは、今年後半の父ジルが1982年に命を落としたベルギーのゾルダー・サーキットにおける彼の初レースが、「僕にとって非常に重要になるだろう」と語った。

ジャック・ビルヌーブは、アメリカのオープンホイール・レースで走る前、イタリアと日本で走っていたため、ゾルダー・サーキットでレースをしたことがない。

フェラーリの伝説ジルは、ベルギーGPの予選におけるクラッシュにより、ゾルダーで命を落とした。ジャックは10月にNASCARウィレン・ユーロ・シリーズにおいて、ゾルダー・サーキットでの初走行を行うだろう。

ジャックは今シーズンのイタリアGT耐久選手権でも、フェラーリ488GT3で戦うが、その最終ラウンドはゾルダーでのユーロNASCARのイベントとバッティングする。


「僕にとっての優先事項は、NASCARウィレン・ユーロ・シリーズだから、イタリア選手権のすべての耐久レースには出場できない」とビルヌーブは’Motorsport.com’に語った

「NASCARユーロシリーズの最終2ラウンドは、週末にベルギーのゾルダーで開催される。僕にとって、それは見逃せないレースだ」

「ジルが最後に走って命を落としたのは、ゾルダー・サーキットだった。僕はそこに一度も行ったことがない。それは僕にとってとても重要なことだ」

ビルヌーブは、スクーデリア・バルディーニのナンバー27でイタリアGTシリーズを走る。彼のマシンは父と息子両方に関連する伝統的な数字を付けている。

「フェラーリを運転できて嬉しい」と、ビルヌーブは付け加えた。 「レースナンバーに関しては、個人的に、僕は12から27を好む。ジルはナンバー27のマシンで命を失ったが、ナンバー27のマシンで、僕はインディ500を勝ち取った」

チームオーナーのファビオ・バルディーニは、フェラーリでのビルヌーブのパートナーとして、元F1ドライバー、ジャンカルロ・フィジケラと交渉中だ。

Jacques Villeneuve: Zolder track debut will be “important to me”

少し前の記事ですが、気になる記事でしたので取り上げました。

ジャックがゾルダーのトラックに足を踏み入れた瞬間、どのように感じるのかは伺い知れませんが、ジャックの人生の中の重要な一コマとなるのだと思います。

そして、現役レーサーのジャックにとって、今年はとても重要な年になるような気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント