ビルヌーブ、悪条件下での予選走行を終えて - ルマン24時間レース予選

2007年ルマン24時間耐久レースも公式予選の2日間が終わりました。今年は、天候に恵まれず、特に2日目はひどい雨に見舞われたようです。そんな悪条件下での予選走行を終えて、ビルヌーブがその走行時の感想を述べています。

画像

「夜、しかも今夜のように、とてもひどい天候との組み合わせで運転するのは、非常に難しかった」と、ジャックは語りました。

「そして、いくつかのとても遅いマシンは、時折おかしな場所でブレーキをかけていたので、それは全てのトラフィックの中でドライビングを更にやっかいにしました」

「全ての時間、まるでつま先で立っているかのようでした。 サーキットの一部は、年のほとんどを一般の交通に開放している道路を使用しているので、そこには多くの巨大な水溜まりがありました。」

「それはとても危険な状況だったし、アクアプレーニングは大きな問題でした」

画像

JV World.com - latest news

何より、無事に予選が終了して良かったと思います。夜間走行および雨天走行を経験した事はレースに向けて、良い経験となったのではないでしょうか。一方で、ジャックが当初予定していたレースへの準備がきっちり出来たのかが気がかりです。この後、レースまでの間に出てくるであろうジャックのコメントに注目したいと思います。



"ビルヌーブ、悪条件下での予選走行を終えて - ルマン24時間レース予選" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント